2017年02月21日

週イチしりとりコラム 第639回 "い"→「いい感じの丸顔に」→"に" 大橋未歩

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、 リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「い」から始まるタイトルで、大橋未歩が筆を執ります。 「いい感じの丸顔に」 大橋未歩 こんにちは。大橋 未歩です。 この2月から、ボズアトールの正所属タレントになりました。 滋賀県出身、特技は日本習字、チャームポイントは丸顔なところです。 宜しくお願いします♪ チャームポイントは丸顔だと言いましたが、同時にコンプレックスでもあ..
posted by VOZATOR at 10:00

2016年05月31日

週イチしりとりコラム 第603回 "る"→「ルビーみたいやなぁ」→"な" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、 リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「る」から始まるタイトルで、重塚利弘が筆を執ります。 「ルビーみたいやなぁ」 重塚利弘 先日、小学校3年生と4年生の姉妹がやってきた。 おばあちゃんが孫たちの為に丹精込めて作ったイチゴ狩りを楽しむために。 イチゴ狩りを楽しんでいる2人の姉妹の他愛もない会話である。 「このイチゴ、ルビーみたいやなぁ〜」と妹。 「ほんまやなぁ、こうし..
posted by VOZATOR at 10:00

2016年05月24日

週イチしりとりコラム 第602回 "た"→「タイムカプセル」→"る" 蜂屋朋子

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、 リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「た」から始まるタイトルで、蜂屋朋子が筆を執ります。 「タイムカプセル」 蜂屋朋子 初めまして、蜂屋朋子と申します。 岡山から大阪へと飛び出してきました。 都会はすごいですね! 30分に一本、始発や終電あたりになると1時間に一本しか電車が走っていなかった実家… 今住んでいる場所は10分に一本電車が来てくれます。 非常に便利です。 ..
posted by VOZATOR at 10:00

2015年09月01日

週イチしりとりコラム 第568回 "て"→「手紙」→"み" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「て」から始まるタイトルで重塚利弘が筆を執ります。 「手紙」 重塚利弘 今年は戦後70年 毎年夏のこの時期になるとテレビ番組は戦争関連の映画やドラマが多く放送される。 そしてそれにまつわる手紙なども数多く取り上げられている。 そんな中、先日テレビを見ていると、TBS系列のお昼の情報バラエティー番組の中で紹介されていた内容に心打たれた。 ..
posted by VOZATOR at 10:00

2015年08月25日

週イチしりとりコラム 第567回 "る"→「ルーシーとティティに憧れて」→"て" 伊舞なおみ

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「る」から始まるタイトルで伊舞なおみが筆を執ります。 「ルーシーとティティに憧れて」 伊舞なおみ どーも、初めまして!しりとりコラム初登場、伊舞なおみと申します♪ 「『る』から始まる言葉でお願いしますね」と連絡をもらって、 頭に浮かんだのは『るんるん』『留守電』『ルートヴィッヒヴァンベートーベン』・・ 「ちょっと!終わらせちゃだめですよ..
posted by VOZATOR at 10:00

2014年12月02日

週イチしりとりコラム 第533回 "い"→「一生犬鳴(いっしょうけんめい)!」→"い" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「い」から始まるタイトルで重塚利弘が筆を執ります。 「一生犬鳴(いっしょうけんめい)!(今回は宣伝で〜す)」 重塚利弘 えっ!? 「いっしょうけんめい」なら「一生懸命」じゃないの?・・・なんて思っていませんか? いえいえ、今回は、これで正しいのです。 実はこれ大阪府泉佐野市のイメージ・キャラクターの決め台詞なのです。 キャラク..
posted by VOZATOR at 10:00

2014年03月18日

週イチしりとりコラム 第499回 "だ"→「ダイエット」→"と" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「だ」から始まるタイトルで重塚利弘が筆を執ります。 「ダイエット」 重塚利弘 数年前より健康保険組合から年に一度、誕生日に合わせて無料での健康診断受信の案内が届くようになった なる程、人生も折り返し点を過ぎると、あちらが痛い、こちらの具合が、と、体が文句を言い始める時期かも知れない 折角なので、その無料の健康診断とやらを受けてみた(実..
posted by VOZATOR at 10:00

2013年07月02日

週イチしりとりコラム 第466回 "り"→「旅行」→"う" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「り」から始まるタイトルで重塚利弘が筆を執ります。 「旅行」 重塚利弘 ナレーションを読む仕事上、いろいろな所へ行く(世界中)、またはその場所の紹介をする原稿を読ませていただく機会が多くあります。 地球上の世界各国の土地・所、時には宇宙の原稿があり、映像での発信側にいる立場上それぞれの見所、有名な名所・旧跡(遺跡)などを目に致します。 ..
posted by VOZATOR at 10:00

2012年10月30日

週イチしりとりコラム 第433回 "し"→「しお」→"お" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「し」から始まるタイトルで重塚利弘が筆を執ります。 「しお」 重塚利弘 過日、天麩羅を食べに行く機会を得た 4〜50センチはあろうかという銅鍋を使い、オーダーした素材を目の前で揚げてくれると言う演出である 所謂、高級天麩羅屋である 初めての経験であった 目の前には、数種類の塩が並べられた 世界各国から集められた色とりどりの塩や、色い..
posted by VOZATOR at 10:00

2012年02月28日

週イチしりとりコラム 第399回 "お"→「おしり」→"り" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は、「お」から始まるタイトルで、重塚利弘が筆を執ります。 「おしり」 重塚利弘 先日テレビを見ていたら、ブラジルで「ミス・ブンブンコンテスト」なるコンテストが紹介されていた 皆さんは、このコンテストをご存知だろうか? なんと、お尻の美しさを競うコンテスト コンテストの審査基準はあくまでお尻の美しさ…なので全員もれなくT−Back! ..
posted by VOZATOR at 10:00

2012年02月21日

週イチしりとりコラム 第398回 "り"→「リオ」→"お" 鈴木えみり

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は、「り」から始まるタイトルで、鈴木えみりが筆を執ります。 「リオ」 鈴木えみり リオのカーニバルって一度行ってみたくないですか? 想像して下さい。この日本の寒〜い時期に、「熱気、食べ物、海岸」というブラジルの夏の光景! ド派手な仮装や過激衣装 に身を包んだダンサー達や、スゴすぎる演出に魅了されたいもんです。 今年は2月18日〜だ..
posted by VOZATOR at 10:00

2011年06月28日

週イチしりとりコラム 第365回 "ろ"→「炉ばた焼き」→"き" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は、「ろ」から始まるタイトルで、重塚利弘が筆を執ります。 「炉ばた焼き」 重塚利弘 過日、ある地方都市の繁華街を歩いたとき、ふと目にとまった古びた看板 「炉ばた焼き」 ひと昔?と言っていいのだろうか・・・ 私の若い頃、よく「炉ばた行こうか!」と通ったものだ。 魚介類も新鮮で、目の前で調理してくれていたので、演出効果も中々なものだった。 ..
posted by VOZATOR at 10:00

2011年06月21日

週イチしりとりコラム スペシャル「ロコモコ」松井尚吾

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。突然ですが、今回はスペシャルです! 今年の春からボズに加わった、新マネージャー:松井尚吾(まついしょうご)が筆を執ります。 「ロコモコ」 松井尚吾 はじめましての登場! この春より、ボズアトールにマネージャーとして、加わりました、松井尚吾と申します(未婚・アラサー)。 今回、突然の参加です。 なぜって?そこに山があるから登る…的な? ゴホン..
posted by VOZATOR at 14:22

2011年06月14日

週イチしりとりコラム 第364回 "る"→「瑠璃色」→"ろ" 鈴木えみり

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は、「る」から始まるタイトルで、鈴木えみりが筆を執ります。 「瑠璃色」 鈴木えみり はじめまして! 初登場の鈴木えみりです どうぞよろしくお願いします! しりとり・・・ 「る」ということで、 瑠璃色(るりいろ)にまつわる話を・・・ 瑠璃色とは青い色の宝石“ラピス”の色をさすそうです。 ラピス・・・いうと、苦い思い出が甦りま..
posted by VOZATOR at 10:00

2010年09月28日

週イチしりとりコラム 第330回 "た"→「田んぼ」→"ほ"or"ぼ"or"ぽ" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は、「た」から始まるタイトルで、重塚利弘が筆を執ります。 「田んぼ」 重塚利弘 皆さん、「田んぼ」って見た事あります? そりゃ見たことはありますよね。 じゃ〜行った事あります? あっ、「入った事」って言った方が良いかな・・・ 今は9月だから、稲の穂がたわわに実り、まるで金色の絨毯だ! 我が家の「田んぼ」も稲刈りの時期ではある。が、ここで..
posted by VOZATOR at 10:00

2010年01月26日

週イチしりとりコラム 第296回 "く"→「雲」→"も" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。 今回は、「く」から始まるタイトルで、重塚利弘が筆を執ります。 「雲」 重塚利弘 最近、空の雲を見ましたか? 子供の頃はよく見ませんでしたか? 「綿菓子みたい、美味しそう!」とか、「雲に乗ってみたい!」など無邪気に考えて見た事あったでしょ。 いつからでしょう、そんな事考えなくなったのは… 大人になったからでしょうか… 現実は現実としてなんで..
posted by VOZATOR at 00:00

2008年10月30日

第266回 り→「リー5世」→い 重塚利弘

我が事務所に、「リー5世」と言うアメリカ人のタレントが居る。 身長190センチ・体重120キロの巨漢である。 言うまでも無く、一回会うと忘れない風体、キャラである。 しかし、しゃべる言葉はコテコテの大阪弁・・・とは言うものの、イントネーションが、どこか微妙・・・である。 私に言わせれば、そこが良いのである。 この頃は、その風体とキャラを活かして、 何と! お笑いの世界へも進出しているのである。 我が事務所に置いても人気者の彼。 実は、「あらびき団」に..
posted by VOZATOR at 00:00

2008年07月03日

第252回 し→「食糧自給率」→つ 重塚利弘

7月1日からガソリンはもとより、小麦粉始め様々な食材・加工食品の値上げラッシュ。 同時に食品の安全等に関してもしきりと叫ばれている。 多くの食材を輸入に頼っているせいだ。 日本の食料自給率は約40%だと聞いた。 では自給率の高い国は? オーストラリアの327% 次いでフランス136% アメリカ127% ドイツ・イギリス・スイス そして日本 日本の食はこのままで良いんだろうか?? 疑問が残る。 お金さえ出せば何でも手に入れられ、何でも..
posted by VOZATOR at 00:00

2008年03月25日

第238回 り→「涼雨」→う 重塚利弘  

寒かった冬もそろそろ終わり・冬から春へ・・・ 今日この頃は「三寒四温」 ひと雨毎に温かくなる「暖雨」 入学・入社と新しい事も始まり、 桜の下でのお花見・・ 「春雨」じゃ〜、濡れて参ろう・ 心も身体も活動を要求してきます 花の命は短くて、苦しき事のみ多かりき・・・ 花を散らす「花散らしの雨」 快適な春はすぐに、暑いい夏に・・・ 雷を伴う「雷雨」 ・・・と、間もなく 涼しく感じる雨、「涼雨」が待ち遠しい時期がすぐに来る・・・
posted by VOZATOR at 00:00

2006年10月26日

第225回 り→「りんご」→ご 重塚利弘 

この頃では、我が家のキッチンに必ずや1個や2個はある「りんご」 その昔、私が子供の頃は「りんご」を丸かじりしたものである。 「りんご」とひとくちに言っても、その当時の「りんご」は、子供の手にも入ってしまいそうなくらい小さかった。 私の住んでいる所(自称・神戸の軽井沢)ではその当時、 一週間に何回か食品を自転車に積んでおじさんが行商に来ていた。 そのおじさんが来ると、きまって祖母がりんごを買ってくれた。 1個10円だったと記憶している。 買ってもらうや、服やズボンで..
posted by VOZATOR at 00:00

2006年07月06日

第211回 い→「いってきました」→た 重塚利弘 

先日、友人に誘われて、知人の能登半島にある別荘に男4人4日間のバカンスに行って来ました。 と言っても釣り好きのおっさんばかりですので朝から釣り三昧。 朝3時起きで釣り場に直行、4時30分に穴水と言う所に有る筏に上がり釣り開始、 お昼前ぐらいに陸に上がって、お風呂に入り、今日釣れた魚で宴会の始まりです。 ってな毎日をゆっくり過ごしてまいりました。 ちなみに料理は、料理は玄人はだしの友人が担当。 釣れた魚種・タイ・アイナメ・アジ・チヌ・カレイ・キス・ベラ・メバル・ボラ・コ..
posted by VOZATOR at 00:00

2006年03月23日

第196回 す→「鮨」→し 重塚利弘

鮨食いね〜♪鮨食いね〜♪♪・・トロにヒラメにイカにタコ!(だったかな?)鮨食いね〜♪ 一昔・・・いや、ふた昔にはやった「シブガキ隊?」の歌じゃないですけど、私は鮨が大好きである。 いいずし・おしずし・はこずし・にぎりずし・まきずし・ちらしずし・・等、 大きなくくりから、さば寿司・稲荷寿司・アナゴ寿司・鱒寿司・・・など、 それぞれ日本中には地方によって、時節、習わし・地方名物など取り入れた、ネーミングを始め様々な鮨がある。 が、私はやっぱり「にぎり」が一番好きである。 ..
posted by VOZATOR at 00:00

2005年11月24日

第181回 重塚利弘

天高く馬肥ゆる秋〜ぃ。 「食欲の秋」と云う言葉がある通り、一年で一番の実りの時を迎える季節です。 私の趣味のひとつ、釣りを楽しむ中でも、今の季節は釣れる魚の種類と大きさ、 脂ののり具合と云い申し分のない季節です。 「今が食べごろ、たべてくださ~い!」と云わんばかり。 そんなこんなに乗せられて、釣った肴でツイ飲みすぎ・食べすぎをしてしまい胃腸が悲鳴を上げる結果に、 苦しまなくてはならないのです。 それでなくても夏の疲れが取れきって無い所へ、朝夕の寒暖の温度差に体調管理..
posted by VOZATOR at 00:00

2005年07月07日

第167回 へ→「屁理屈」→つ 重塚利弘 

「屁理屈を言うな!」「また、屁理屈をこねとる!」などと、若い頃よく親に叱られたものである。 さて、「屁理屈」を広辞苑では、「つまらぬ理屈」「道理にあわない議論」と解釈がある。 なるほど屁理屈とは、関西弁で言うところの「しょうもない言い分」であることに間違いはなさそうである。 そうであるなら、「理屈」の前にある「屁」と言うのは「つまらぬ」とか「道理にあわぬ」となるが、 本当に「屁」と言う物は、「つまらないもの・とるに足らぬもの」なのだろうか・・・ もう数十年も前の話では..
posted by VOZATOR at 00:00

2005年02月17日

第150回 ば→「バナナ」→な 重塚利弘

今やどこの家のキッチンやその廻りに無造作に置いてあるであろう「バナナ」 その昔、といっても私の子供の頃は珍重された果物だった。 何せ、値段が高かった。 そして、なんといっても1ドル360円時代の海外からの輸入でしか有得ないものだったからである。 (よくは判らないが、今でも恐らく輸入ばかりであろう。) そんな「バナナ」、ひところは、スポーツ選手の間や健康志向に乗ってもてはやされた。 その後も地道に食べられてはいるだろうが、 今や「バナナ」もそれほど珍重される食べ物では..
posted by VOZATOR at 00:00

2004年09月13日

第134回 た→「たこ焼きの蛸」→た 重塚利弘 

関西の人にとって、いや大阪人にとって地域を表す食べ物と言えば「たこ焼き」と答える人が多いのではないだろうか。 このたこ焼き、いわば関西を代表する食べ物であることは衆知の事実、なんと一家に一台たこ焼きプレートがある大阪。 外の皮はカリット香ばしく、中はトロッとジュウシ―にそして具である蛸の歯ごたえ・・・ たまりませんです・・・ しかしたこ焼きに欠かせない蛸、世界でも(イタリア・ギリシャ・スペインなどを除いて)日本での消費量は、 半端じゃない。 たこ焼きに限らず酢の物・..
posted by VOZATOR at 00:00

2004年05月06日

第119回 に→「任侠」→う 重塚利弘 

「ぎ〜りとにんじょ〜を、はかり〜にかけりゃ〜、ぎ〜り〜がおもた〜いおとこの世界」 今は昔の物語、かの名優「鶴田浩二」「高倉健」たちの映画を思い出す。 いわゆる、弱気を助け強気をくじく気性に富むことであり、一言で言って 「おとこだて」だろうか。 何を隠そう私もそういう生き方に憧れている一人であり、そういった心をいつも持っている一人である。 だが現実は、物事そんな映画の物語の様にスマートに事は運ばない。 義理や人情・何処吹く風・・・社会道徳やモラルと言った事も自分の利..
posted by VOZATOR at 00:00

2003年12月18日

第103回 て→「手料理」→り 重塚利弘 

料理、好きですか?(食べるほうじゃなくて作る方ですよ) 誰かに料理を作ってあげた事ありますか? それは誰にですか? ご主人に・お子さんに? 家族の誰かに? 家に招いた方に? それとも愛しい彼、彼女に? 食べた方はどんな反応をされましたか? 「美味しい!」と言ってくれましたか? 人が美味しいと感じる感じ方は、口に入れて感じる「味覚」だけではありません。 見た目から来る「視覚」も味の内です。 そして、何より美味しいと感じる「雰囲気」とでも言いましょうか、 私..
posted by VOZATOR at 00:00

2003年09月05日

第90回 な→「梨」→し 重塚利弘

この時期の果物で大好きな、「梨」 梨の花が白い綺麗な花だって事知っています? 私が東京での修行時代住んでいた東急田園都市線「二子新地から高津、溝の口」辺りには多摩川梨の畑が所々にあり、 時期になると白い花が咲き、マンションの上から見下ろすと、それはそれは美しく、まるで白い絨毯のようだった。 そして、実りを迎えると、その畑で自家販売している梨を それこそ清水の舞台から飛び降りた気分で買い求め味わった。 美味しかった。 (市価より幾分安いんですがちょっと贅沢な優越感であった..
posted by VOZATOR at 00:00

2003年05月11日

第77回 い→「伊東家の食卓」→く 重塚利弘

「伊東家の食卓」と言う番組、関西では火曜日午後7時から読売テレビで放送されている 人気番組。 内容はご存知の通り、毎週いろいろな生活の「裏技」と称されるアイデアが一般視聴者から紹介され、 これを番組が検証すると言うもの。 私の自宅でも大いに活用させて頂いているが、毎週、毎週、何ともすばらしいアイデアが紹介され、 世の中のすばらしいアイデアをお持ちの方には頭が下がる思いである。 先日は、日曜大工に大いに役立つ「板が割れない釘の打ち方」であったが、これはすぐに使わせてもらい..
posted by VOZATOR at 00:00

2003年02月10日

第64回 つ→「つめたい」→い 重塚利弘

1月下旬から2月にかけては1年で一番寒い時だそうで、そう言えば今年も案の定寒い日々が続いております。 まあ当てにはならないんでしょうが、昨年秋あたりに出されていたこの冬の長期予報では、 「暖冬だ!」などと言っていたように記憶しているのですが・・・ 先日私の住まいがある神戸(神戸と言ってもちょっと辺鄙な所ですが)でも何年振りでしょうか、朝うっすら雪が積もっておりました。 こんなに寒くなると、真ともにゃ〜やってけません。 ちょっと、勢いをつける為に馬鹿なことでも言ってね・..
posted by VOZATOR at 00:00

2002年11月01日

第51回 り→「料理」→り 重塚利弘 

我がボズアトールの中に、私も含め「料理」好きが居る。 また、私の親しい友人にも玄人顔負けの「料理」好きが居る。 そう思って周りを見てみると結構「料理」好きが居るものである。 これがまた男性に多いのである。何を「料理」するのかなぁ〜・・・ ところで女性はと言うと、「料理」はするより食べるほうが好きと言う人が多い。 これで納得がいった。 まさしく「カマキリ」の生態と同じだったのだ。 「カマキリ」と言うのは交尾が終わるとメスがオスを食っちまう。 まさしくこれだ。 ..
posted by VOZATOR at 00:00

2002年08月01日

第38回 し→「出世魚」→お 重塚利弘

男の狩猟本能を刺激する「釣り」を、私はすこぶる好きである。 中でも、ルアー(疑似餌)を使ってのルアーフィッシング、狙う獲物はシーバス(鱸)である。 この鱸、なじみは薄いかも知れないが淡泊な白身が上品でとても美味しく、ちょっとした高級魚なのである。 おまけに「出世魚」でもある。 「出世魚」とは、成長すると味や風味が変わるのでその呼び名が変わって行く魚の事で、 よく知られている所ではブリ・ボラ・スズキなどが在ります。 例えば鰤(ブリ)。 東京近海では、ワカナゴ・イナダ・..
posted by VOZATOR at 00:00

2002年05月02日

第25回 い→「いまゆうぞう」→う 重塚利弘

「あなたのお名前は?」 「いまゆうぞ。」 「早く言って下さい。」 「いまゆうぞ。」 「いや、だから早く名前を言って!」 「いまゆうぞ。」 「あのねぇ。いまゆうぞいまゆうぞってあなた早くお名前を言って!!」 「いやだからさっきから言ってるじゃないですか、いまゆうぞうって。」 「えっ!名前が (いま ゆうぞう) ですか。」 あの天才兄弟漫才師、夢路いとし・こいしさんの漫才の一節である。 (言い回しには差異があるが) (今、言うぞ)と(いま ゆうぞう)と言う名..
posted by VOZATOR at 00:00

2002年01月29日

第13回 よ→「酔う」→う 重塚利弘 

もう一巡したようで・・・今回は「よ」で始まるお題です。 ボズアトールにぴったりの単語「酔う」。 男が酒を飲み、酒に酔う・酔っ払う等と言うとあまり良いイメージでは受取られません。 書いてる本人含めボズアトールの男は特に男くさいイメージですからなおさらです。と、自分で書きながら納得してしまう。 しかし同じ様にお酒に酔っても 一見、「ちょいと小股のきれあがったいい女が お酒を飲み、頬をぽーっとピンク色に染めて、 「私今日はチョット酔ったみたい・・・」などと頭なんぞをもたげて..
posted by VOZATOR at 11:34

2002年01月18日

第1回 「はじまり」→り 重塚利弘

「さあ、ものの始まりが一ならば、国の始まりは大和の国、島の始まりは淡路島・・ ・・ ねえバクチ打ちの始まりは熊坂の長範、どう・・・・赤い赤いはなに見てわかる、赤い色見て動かぬものは、木仏、金仏、石仏だ、 千里を走る汽車でさえ、赤い旗振りゃチョイと停まると言うやつ、・・・・どうです、続いた数字が二つ・・・ねえ、どう・・・兄さんよってらっしゃい・・・・・」 とは、映画「男はつらいよ」の中での口上の一つである。 何にでも元始まりがある訳で、自分の始まりは?「生まれた日。」 で..
posted by VOZATOR at 11:23