2018年02月07日

週イチしりとりコラム 第668回 "く"→「くまのぬいぐるみ」→"み"蜂屋朋子

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、

リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。

今回は「く」から始まるタイトルで蜂屋朋子が筆を執ります。



「くまのぬいぐるみ」

好きな物は、先に食べる派ですか?後に食べる派ですか?

私は、何が何でも後に食べる派です。

嫌いなものを真っ先に食べ、最後を楽しく!

そんな私ですが、お気に入りのものほど使いません、というか使えません。

せっかちな面があるため、私はよく物を落としたり壊したりしてしまいます。

幼いころからそのことを痛感していたのと、

大好きでお気に入りのものほどそのままの状態を保っていたい、

という気持ちが強かったからです。

子どもの時に買ってもらった玩具の中にもいくつかそういうものがあるのですが、

その中でも一番古い付き合いなのが、くまのぬいぐるみ。

それは昔、「キューティーハニー」というアニメで、主人公の女の子が持っていたものです。

黄色い体に緑のリボン、リボンの結び目には赤いハート。

当時女の子に憧れていた私はキューティーハニーにべた惚れ。

そしてアニメを見るたび、あのぬいぐるみが欲しいと両親にしつこくおねだり。

あまりの熱意に根負けした両親は、特別だからね、と言いながら買ってくれました。

大興奮した私はその日以来、枕元に必ずそのくまのぬいぐるみを置いて眠っていました。

抱きしめて眠りたい日もありましたが、そこは幼いながらにぐっと我慢。

壊れてしまってはダメだと眠る前にぎゅっと抱きしめ、そのまま枕元にそっと置いていました。

そして実は、そのくまのぬいぐるみは今も枕元にいるんです。

アニメでは確か、チャオ、という名前がついていたぬいぐるみなのですが、自分で名前を付けよう!
と意気込んでおきながらこれといってしっくりくる名前が思いつかず、

この年になっても両親との会話の最中では「キューティーハニーのくまのぬいぐるみ」と言っています。
私のネーミングセンスがね、壊滅的なんです…。

なんだかんだで付き合いはもう20年弱…名前は付けずこのままでいいかな、と思っています。

時間は止まることを知らずあっという間に流れていきますが、いつかおばあちゃんになった時、

このくまのぬいぐるみのような、たくさんの思い出深い品に囲まれていたらいいな、と考えています。


蜂屋コラム写真20183C7CCB52-2ED6-434F-B994-73191DB4E0D8.jpg



次回は、「み」から始まるタイトルで、春菜りかが筆を執ります。お楽しみに!



火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。

posted by VOZATOR at 13:30| 週イチしりとりコラム