2018年01月31日

週イチしりとりコラム 第667回 "た"→「ゴハン中毒」→"く"荒木麻由

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、

リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。

今回は「ご」から始まるタイトルで荒木麻由が筆を執ります



「ゴハン中毒」

数年前まで、朝食はパン派だった。
お酒は梅酒を好んで飲んでいた。

そんな私が、ある日突然
朝食はご飯派になり、酒は日本酒派になった。




「私の美容の秘訣は米ぬかよ!」

と、どこかの銭湯で出会った、やたらお肌のお美しいお姉様に説かれたことがある。

お姉様、自称82歳。
化粧いらずの美肌が自慢。

なんでも、毎日顔や身体を洗うのに米ぬかを使っているという。

「ぬか袋に入れてその絞り汁で洗うのよ。これが効くのハート(トランプ)


荒木麻由。
そろそろお肌が気になるお年頃。

さっそく米ぬかを買い、ぬか袋がわりにストッキングのつま先部分を切り取り
米ぬか美肌法を試してみることにした。


絞り汁で体を洗って
残ったぬかは、とりあえず顔にでも広げてパック的な感じにしてみた。
美肌になれ…。


今日の今日じゃ結果は分からないけれど
ひとつだけ、明らかにいつもと違うことがある。



なんだこの炊きたてご飯の香りは・・・!



全身からわきあがりまくる、炊きたてホカホカご飯のかおり。
飯を食っても、ゴハン。
二階にあがっても、ゴハン。
布団に入ると、さらにゴハン。
夢でうなされるほど炊きたてゴハン。
朝起きても、若干ゴハン。


そして、ようやくニオイから解放された時

あの炊きたてホカホカご飯のニオイが名残惜しくて仕方なくて
むしろ常に求めている自分までいて
完全にゴハン中毒になってた。


この日を境に。
朝食はご飯派になり、酒は日本酒派になり
風呂には米ぬかを持ち入るようになり
生活の中に一気に米が増えた。


ゴハンの魅力は、食だけにあらず。

ヒントは、風呂に持ち入るところから。




次回は、「く」から始まるタイトルで、蜂屋朋子が筆を執ります。お楽しみに!



火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。

posted by VOZATOR at 17:31| 週イチしりとりコラム

2018年01月23日

週イチしりとりコラム 第666回 "た"→「たまご」→"ご"伊舞なおみ

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、

リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。

今回は「た」から始まるタイトルで伊舞なおみが筆を執ります。



「たまご」

その神秘的なスタイル、なまめかしい艶っぽさ。
宇宙を内包しつつ、すっきりした表情で、そこに立つ。

いや、立てない・・。

きみの名は、

た・ま・ご

いやー。
たまごってなんでこんなに魅力的で
私たちを飽きさせないのでしょうな。
生でもいいし、いろんな料理に使えるし。

そしてその食べ方のこだわりで、
熱く語れたりなんかして。

ゆでたまごは、半熟?固ゆで?

たまご焼きは、あまいのん?あまくないのん?

オムライスにはふわとろ?かたくきゅっとくるむやつ?

とかさ。

そうそう、インドのホテルのブッフェでね、和食コーナーがあって
ジャパニーズ・オムレツが置いてあった。
どうやら出し巻きたまごのことらしい。
写真1.jpg

このサンプルはまだちゃんとしているのだけれど、
実際に出てきたものは、
巻いてなかった。
といたたまごをなにやら型にいれ、四角く固めて焼く!

ちーがーうー。

味は、なんだか、のっぺり・・
巻かなくていいと思ったのか。
作るのが難しくてごまかしたのか?

ジャパニーズオムレツの隣は、
ティーエッグ。
写真2.jpg
ジャパニーズゾーンにありましたが。

ちーがーうー。

さて、次は国内で。

こちらは和歌山ラーメン(中華そば)でおなじみの光景。
写真3.jpg

ラーメンと一緒に、ゆでたまごや、お寿司を自由にとって食べる。
自由に食べていいけどね、後で自己申告。
無料サービスではないのでご了承あれ。
ラーメンのお汁と一緒に食べるゆでたまご。
んまーっ。

いつでもそばにいて、でも飽きが来なくて、
幅広い変化ができて
ちゃんと栄養もあって。
そんなたまごに・・
そんな存在に、私はなりたい。

っていうか、ま、単純に美味しいんだよね〜。

好きだー!!!

以上、「たまご」にまつわるあれやこれやでした。





次回は、「ご」から始まるタイトルで、荒木麻由が筆を執ります。お楽しみに!



火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。

posted by VOZATOR at 10:43| 週イチしりとりコラム

2018年01月18日

週イチしりとりコラム 第665回 "い"→「犬においかけられた」→"た"鈴木えみり

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、

リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。

今回は「い」から始まるタイトルで鈴木えみりを執ります。



「犬においかけられた」



昔、よく犬においかけられました。

近所にシベリアンハスキーを飼っている家があり、

犬自身が勝手に首輪をすり抜けるのか飼い主が解放しているのかはわかりませんが、

よく自由に闊歩していたのです。

そんなせいで曲がり角で鉢合わせするという事がよくありました。

当時犬が怖かった私は地獄でした!

なぜ犬が怖かったのかをここで言わせてください。当時親戚が飼っていた犬は、牙を向け、激しく吠える、

するどい目をした野犬のような奴でした。その時代はそんな犬もまだ世の中に沢山いたように思います。

今はそんな犬みなくなりました。

3歳ぐらいの時、その犬の真上にブラブラと持ち上げられ「えみり、犬だぞ〜」と父にされたのが原因かと思います。父のせいです!

そんな理由で犬が怖いので見た目が厳ついシベリアンハスキーに遭遇するなんて恐怖なのです!泣きながら、

叫びながら、一目散に逃げる私。走ったらおいかけられる事も知らずに全力で走り、おいかけられる。地獄でした。

犬に完全になめられてました。

狂気の面でダッシュで帰ってきた私を母は笑っていました。今ならわかります。

私だってそんな風に娘が帰ってきたらきっと笑います。

そして、そのシベリアンハスキーは今思えば凶暴でなくただ走るからおいかけていた…遊んでるつもりだったんだろうなと思います。

今は犬、怖くありません。大好きです!

中学生になり、友達が飼っている犬がかわいくて、可愛がっているのを見て、怖くなくなりました。

大きい犬でしたが私も大きくなっていたのでもう大丈夫でした。

今はシベリアンハスキーをあまり見なくなりました。お目々がクルリンとした小型の可愛らしい犬がもてるみたいですね。

でも、犬は可愛らしいだけではなく、野犬は恐ろしいという事は忘れません。孫の代まで伝えようとおもいます。

今年は戌年!

皆さまにとって良い一年でありますように…。
鈴木2018コラム写真1.jpeg


次回は、「た」から始まるタイトルで、伊舞なおみが筆を執ります。お楽しみに!



火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。

posted by VOZATOR at 10:44| 週イチしりとりコラム