2017年09月26日

週イチしりとりコラム 第656回 "し"→「心霊現象?!・・・まさか。」→"か" 大西みのり

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、

リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。

今回は「し」から始まるタイトルで大西みのりが筆を執ります。



心霊現象?!・・・まさか。



昨晩の事。

夜中の二時過ぎ、ふと目が覚めた。

私が起きると同時に、隣に寝ていた息子もガバッと起き上がった。

目をかっと見開き、斜め上の天井の辺りを指さしている。

「あの人、あの人!お母さん、あの人!」

私は、とても怖がりです。

小学校の時は、「あなたの知らない世界」という怖い話の再現ドラマが大好きでした。

あまりに怖い話を見聞きしすぎ、今では、全くダメ。

「なに??何にもないよ!!!お母さん、トイレ行ってくる!!!!!」と逃げた私。

トイレから戻ると、息子は寝ていた。

その後、私は怖くて怖くて、しばらく眠れなかった。

朝。

「で、あの人、あの人!!って指さしてたけど、あの人って誰やねん?」と息子に聞くと、

「知らん」

迷惑な夢を見ないで欲しい。寝不足です。




次回は、「か」から始まるタイトルで、藤田きょう子が筆を執ります。お楽しみに!



火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。
posted by VOZATOR at 11:05| 週イチしりとりコラム

2017年09月19日

週イチしりとりコラム 第656回 "も"→「もしもし・・・。」→"し" 嶺村明香

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、

リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。

今回は「も」から始まるタイトルで嶺村明香が筆を執ります。



「もしもし…。」



幼稚園?小学2年生までの間、両親が共働きで、私は鍵っ子生活を送っていました。

とても寂しく心細かったのですが、4歳下の弟の面倒を見ないといけないという、
幼いながらの使命感と、独りじゃないという安心感で、
何とか過ごしていたように思います。

時々、私を気にかけて母が電話してきてくれました。
「鍵閉めた?」「ご飯食べた?」など、
短い内容だったと思いますが、電話に出るのが楽しみだった事を覚えています。


ある夜の事。
台風が迫ってきていたのか、風と雨で窓がガタガタ音を立てて…
とても怖い思いをしていました。

弟に話しかけてもグッスリ眠っていて、
ただ怖くて何処かに逃げ出したくなった時、電話が鳴りました。



あ!お母さんだ!


そう思い、すぐに電話に出ました。



「もしもし、お母さん?」

応答がありません。

「もしもし…?」


相手は、お母さんではありませんでした。

「もしもし、お婆ちゃんやけど」
「今近くまで来てるんだけど、
ちょっと下まで迎えに来てくれない?」

そんな内容の事を言っていました。


私は少し考えましたが、
お婆ちゃんには一度も会ったことがありませんし、
何となく怖かったので行きませんでした。


後日、母から聞いたのですが、
祖母は、私が産まれる前に亡くなっていたそうです。


あの時の、電話の主は、
亡くなったお婆ちゃんだったのか…
それとも変質者だったのか…
何なのか…


もし、あの時家を出ていたらと思うと、
少しゾッとします。


あの電話は、一体何だったのでしょうか…。



次回は、「し」から始まるタイトルで、大西みのりが筆を執ります。お楽しみに!



火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。

posted by VOZATOR at 14:44| 週イチしりとりコラム

2017年09月13日

「おとぎ」稽古場日誌 内田愛

内田愛

本日、1日目が終了しました!

みんな緊張でドキドキしていましたが
大きなミス無く楽しく本番ができたと思います!

明日15時と18時の2公演も新鮮な気持ちを忘れずに楽しんで頑張ります!!

写真はリラックスしている休憩中の出演者です♪

20170913-1505293787970s_blog.jpg

ボズアトールリーディング「おとぎ」
原作:太宰治
脚本・演出:や乃えいじ
日時:2017年9月13日(水)19時・14日(木)15時+18時(開場は各回30分前)
場所:ライブスペース ビースクエア
posted by VOZATOR at 22:52| 「おとぎ」稽古場日誌