2016年05月31日

週イチしりとりコラム 第603回 "る"→「ルビーみたいやなぁ」→"な" 重塚利弘

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、
リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「る」から始まるタイトルで、重塚利弘が筆を執ります。

「ルビーみたいやなぁ」 重塚利弘

先日、小学校3年生と4年生の姉妹がやってきた。
おばあちゃんが孫たちの為に丹精込めて作ったイチゴ狩りを楽しむために。

イチゴ狩りを楽しんでいる2人の姉妹の他愛もない会話である。
「このイチゴ、ルビーみたいやなぁ〜」と妹。
「ほんまやなぁ、こうしたらかわいいかな〜」と妹が耳元へピアスにして見せている。
「それやったら、これの方が形、可愛いでぇ」とお姉ちゃん。
「こうしたらどう?」などと2人のかわいい会話が聞こえてくる。

そのうちに、いっぱいになった籠を大事そうに抱えて
「こんないっぱい採れたでぇ…ほら、こうしたら可愛い?」とおばあちゃんも巻き込んでポーズをとっている。
おばあちゃんも幸せそうに満面の笑みである。
男児と女児の違いはあろうが、子供の純粋で素直な表現に感心してしまう。

さて、自分はイチゴを見て、そんな純粋な表現をする心が残っているのだろうかと考えてしまった。
私が表現すれば「ほら、鼻血やぁ〜」が、関の山だな・・・


火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。
次回は、「な」から始まるタイトルで、や乃えいじが筆を執ります。お楽しみに!
posted by VOZATOR at 10:00| 週イチしりとりコラム

2016年05月24日

週イチしりとりコラム 第602回 "た"→「タイムカプセル」→"る" 蜂屋朋子

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、
リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「た」から始まるタイトルで、蜂屋朋子が筆を執ります。

「タイムカプセル」 蜂屋朋子

初めまして、蜂屋朋子と申します。
岡山から大阪へと飛び出してきました。
都会はすごいですね!
30分に一本、始発や終電あたりになると1時間に一本しか電車が走っていなかった実家…
今住んでいる場所は10分に一本電車が来てくれます。
非常に便利です。

しりとりコラム初登場、「た」から始まるタイトルで…浮かんだのはタイムカプセルでした。

タイムカプセルと言えば、思い出の詰まった宝物が真っ先に浮かびます。
浮かぶのですが…実は私、タイムカプセルを埋めたことがありません。

同級生たちと大人になってから掘り起こし、なんでこんなものを埋めたの?
なーんて、大きくなったらするだろうな、楽しみだなと子供のころは思っていましたが、
埋めていないのでできていません…残念。
しかし!身近なところにもタイムカプセルはあると、私は思います。
私の身近なタイムカプセルは、写真です。
景色を撮るのが好きで、例えば空。
ほかにも花や線路、建物、階段…この景色綺麗だな、と思ったものは友達といるときでも一声かけて待ってもらって、パシャッと撮っています。
高校時代からずっと続けていて、携帯で撮ることがほとんど。
その時綺麗だと思ったものを手当たり次第撮っているのですが、
これが案外、どういうときに撮ったものなのか、覚えているものなのです。
今日はその中でも、お気に入りの写真をご紹介します。

20160524hachiya.jpg

冬の朝焼けです。
高校時代、私は吹奏楽部に所属していました。
朝練があるのですが、冒頭でも話したように電車の本数が少ない!
そして家から自転車に乗り、電車に乗り、路面電車に乗り…
学校に到着するまで片道1時間ほどかかっていました。
電車に乗り遅れると次の電車が来るのは30分後。
乗り遅れるわけにはいかない!と必死に自転車を漕いで駅に到着…そんな時に撮った写真です。
正直、撮ってからびっくりしました。
朝焼けのその色を撮りたくてボタンを押したのですが、まさか線路がこんなに綺麗に映るとは…!
まっすぐ朝焼けに向かって伸びる線路がお気に入りです。
この写真を撮ってから7年ほど経過していますが、まだこの写真を超える朝焼けを撮ることは叶わず…
ずっと大切にしていきたい1枚です。

最近は携帯電話、そしてスマートフォンのカメラ機能も非常に高性能で、
気軽に綺麗な写真を撮ることができます。
何気ない日常を、写真の力を借りて思い出してみませんか?
皆さんも是非、お気に入りの1枚を撮影してみてください。


火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。
次回は、「る」から始まるタイトルで、重塚利弘が筆を執ります。お楽しみに!
posted by VOZATOR at 10:00| 週イチしりとりコラム

2016年05月10日

週イチしりとりコラム 第600回 "き"→「今日からツッパリ」→"り" 荒木麻由

ボズアトールのメンバーが、タイトルで"しりとり"をしながら、
リレーでコラムを書いていく 「週イチしりとりコラム」。今回は「き」から始まるタイトルで、荒木麻由が筆を執ります。

「今日からツッパリ」 荒木麻由

中学を卒業した春休み。
私は、高校入学と同時にツッパリになろうと決めた。

ヤンキーではない。
あくまでツッパリ!
硬派なのです!

髪はもちろん金髪!
学生服のスカートを足首まで伸ばして
竹刀とか持って歩くのかしら?

んで、夜は特攻服なんか着ちゃったりして、
無免許でバイクとか乗って国道を爆走したり、
時には喧嘩とかするんだよね!

脳内は嶋大輔の歌がエンドレスでなっている状態である(笑)

そんなわけで、ツッパリデビューをすべく、早速学生服を調達しよう。

さて…

長いスカートはどこで手に入るの?

学生服屋に行ってみたけど、売ってないと言われてしまった。
しまった…!ネットで調べておけばよかった!

仕方がない、先に金髪にしよう。
近所のドラッグストアで髪染めの薬剤を手に取って、ふと考える。

どうせ金髪にするなら美しい金髪がいい。
自分でやるのはやめよう。
それにしても美容院は高いな…。

いや、バイクだ!
バイクで私は音速を超えるのだ!

とりあえずそこらへんにとまっている原付を眺めてみたけど
自転車とぜんぜん違うし、どうにも運転できる自信がない。

・・・

まごまごしてるうちに、結局何もできないまま入学式が来てしまった。

学校にはツッパリはいなかった。
不良もいなかった。

私はなぜか吹奏楽部に入部して、
ツッパリへのあこがれは捨てきれないまま、
割と本気で全国を目指すことになってしまった。

こんな予定ではなかったのだけれど…。

あれから数年。

嶋大輔の歌を聴くと、時々思う。

ツッパリにはどうやったらなれるんだろう?

私の「今日から」は、まだ訪れない。


火曜日更新の 「週イチしりとりコラム」。
次回は、「り」から始まるタイトルで、京本京が筆を執ります。お楽しみに!
posted by VOZATOR at 10:00| 週イチしりとりコラム